ギャンブル依存症にならずに毎日を楽しく過ごすためにも、オンラインカジノに接続しない時間をもつことをお勧めします。

アメリカのイェール大学による65歳以上を対象にしたある研究結果によると、週1回程度ギャンブルをする人は、そうでない人に比べて精神的に健康であることが明らかとなったそうです。ギャンブルをして精神的な健康が得られるのであれば万歳!な研究結果ですが、日本では2009年の時点で、成人の5.5%がギャンブル依存症であるという調査結果があります。ギャンブル依存症率が高いといわれているマカオでも約1.8%の発生率であることからも、日本のギャンブル依存症率は他国と比較しても高いといえるでしょう。この様なデータは、ギャンブルが精神的な健康を示す一方で、精神的な健康を害することもあるという事実を示しています。

ギャンブル依存症から少し離れますが、オンラインカジノが利用するインターネット利用も依存症に似た中毒的な習慣になりやすいといわれています。アメリカ、スタンフォード大学の心理学者、ケリー・マックゴニガル博士はその著書の中でインターネットについて触れています。例えば、博士は私達の「ネットを使う」という行動には報酬が約束されているという点を指摘します。ウィキペディアなど、何かを検索(使う)してすぐに答えを見つける(報酬)という具合です。マックゴニガル博士は、この「報酬が約束されている」という点が、脳を中毒的に夢中にさせてしまう理由と説明しています。実際に、オンラインカジノでも、クリック一つで賭けの実行やゲームの進行などの「報酬」が得られてしまいますね。この様に、オンラインカジノを取り巻くテクノロジーも、私達がネット中毒的な行動をとってしまう要因となっているわけです。

ネット中毒だけでなくギャンブル依存症にかかってしまうと、大きな借金を抱えてしまったり、大切な存在の人々に寂しい思いをさせてしまうことになります。また、ギャンブル依存症になった自分自身を責めて、否定してしまうことになります。その様な状況では健康的とはいえません。周りの大切な人々に対してだけでなく、自分自身の心身の健康のためにも、ギャンブル依存症予防手段として、インターネットから離れオンラインカジノのサイトに接続しない時間をつくることをお勧めします。ゲームに集中しっぱなしの脳に、リラックスする時間を与えてあげてください。まずは心身ともに健康が第一です!

最新の記事

  • マカオ カジノ

    2017年はマカオが熱い!日本から4時間半でいける、近場の旅行先としてマカオは注目の旅行先です。手軽に低費用で週末にマカオリゾートへ!マカオはカジノでとても有名ですが、新しいホテルやリゾート施設、歴史的な世界遺産もたくさんあり、楽しめること間違いなし!

    詳しい話

  • スリリングなブラックジャック

    プレーヤーとディーラーの一対一の勝負ブラックジャック. プレーヤーの戦略次第でディーラーに勝てる可能性が高まるブラックジャックは, プレーヤーが勝敗を運に任せるだけでなく,攻略法を駆使して自身の腕試しもできるスリリングなゲームのひとつです.

    詳しい話

広告